日本ビスカ ホームページ制作サービスの連載!ウェブ講座

ロゴ
代理店・材料店の皆様へ
お問い合わせフォーム
電話番号0880-111-7716
  • 電話
  • メニュー
連載!WEB講座 ホームページ情報ブログ

医療に関係する広告規制の見直しの動き

2017年12月11日 [コラム]

12月に入り今年も残り少なくなってきました。
師走を迎え何かと忙しい時期ですが、今年のうちに確認しておいた方が良い『医療広告ガイドライン』についてご説明させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■医療広告ガイドラインについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨今、インターネットやスマートフォンの普及によって、誰でも好きなときに自由に色々な情報を取得できるようになりました。
これに伴って多くの人がホームページを閲覧するようになったことで、医療機関のホームページによる消費者トラブルが増えてきています。
これを受け、ここ最近「医療に関する広告規制の見直し」の動きが活発になってきています。
今は問題がなくても、今後指導の対象になることがない様に、一度どのような内容が問題なのか、ご案内させていただきます。

医療に関することは、健康や生命に関わることなので、表現できることが規制されており、大きく問題とされる広告表現は下記の3つです。
・虚偽
・薬機法違反
・著しい誇大

例えば、『絶対安全です。』などという根拠がないことを記載することは禁止されています。
また、『ただ今キャンペーン中です。』などの早急の受診をあおる様な表現もNGとされています。

その他詳しくはこちらをご参照ください。

[医療広告ガイドライン]
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002kr43-att/2r9852000002kr5t.pdf
[医療広告ガイドラインに関するQ&A]
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/qa.html

上記内容に該当する場合、すぐに何かしらの罰則を受ける訳ではありません。
先にご紹介した「問題となる広告表現3項目」を除いて、ホームページの表現に問題があった場合、まず都道府県の担当者から是正命令の電話もしくはメール・FAX等の書面が届きます。
これらの通知がございましたら、弊社までご連絡ください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

スマートフォンサイトの重要性

2017年11月6日 [コラム]

11月となり、肌寒く感じられるようになりました。
外に出かけるのが面倒で、ついインターネットを眺めて過ごす方も増えて来ます。
普段通院していたり、今度行こうと思っている
医院様のHPを訪れる方もいらっしゃるかと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■約7割がスマートフォンや携帯電話を利用!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総務省の「平成28年版 情報通信白書」によれば、
端末別インターネット利用率は「パソコン」が56.8%なのに対して、
「スマートフォン」が54.3%、「携帯電話・PHS」が15.8%となっています。
「スマートフォン」と「携帯電話・PHS」を合計するとその割合は何と72.6%。
パソコンよりもスマートフォンや携帯電話などを使って
アクセスする患者さんが増えていることが伺われます。

普段パソコンからHPの更新・確認作業をされている医院様は、
スマートフォンや携帯電話などを通して
HPの表示や使い勝手を確認してみてはいかがでしょうか?
スマートフォンや携帯電話からも使いやすいHPに変えたいとお考えの際には、
弊社までぜひご相談ください。

現在Googleも「モバイルファーストインデックス」と呼ばれる
携帯端末での閲覧を重視したページ評価の基準を発表しています。
検索順位を気にされている医院様にはぜひ
弊社の「レスポンシブサイト」をご検討いただければと思います。

その他、HPに掲載された情報が実際の状況から変わった場合には、
ぜひお気軽に弊社までご相談ください。

医院の状況が変わったら、HPを更新しましょう!

2017年10月1日 [コラム]

10月となり、秋らしい涼しい日が続くようになりました。
寒さが増して、徐々に年末年始の繁忙期に入ると、HP更新に手をかけるのが難しくなってきます。
気持ちよく過ごしやすい今の季節、少しだけ時間を作って、HPの内容を見直してみませんか?

HPを作ってから時間が経つと、診療内容や院内の様子など、医院様の状況も変わってきます。
ミニセミナーやワークショップ、機材の導入など、新しい取り組みを始められた医院様もいらっしゃることでしょう。

HPの内容と、実際の医院様の状況とが異なっていると、患者さんが不信感や違和感を感じてしまうことがあります。
ぜひ状況の変化に合わせて、HPも変更しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■よくご依頼いただくHPの変更内容について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「集客のためにHPを更新・変更した方がいいとわかっていても、何を書き加えればいいかわからない」とお悩みの医院様もいらっしゃるかもしれません。
医院様からよくご依頼いただくHPの変更内容についてご紹介いたします。HP更新・変更の際のご参考にお役立てください。

◆◇院内設備の追加、変更◆◇

・新しい機器を追加した
・院内をリニューアルした
・季節ごとのイベントを催している
など、院内の設備や内装に変更がありましたら、
HPの紹介写真の差替えや追加を行いましょう。

◆◇スタッフの入れ替わり◆◇

・新しいスタッフが加わった
・スタッフが辞めてしまった
という時も更新のタイミングです。
HPに個別写真や集合写真を掲載している場合は、
HPの写真も差し替えるようにしましょう。

◆◇診療科目の変更◆◇

治療科目・治療内容が増えたり、
逆に治療科目・治療内容が減った時、
また、治療科目ごとの診察日が変わった場合にもご案内をHPに掲載しましょう。

◆◇料金の変更◆◇

・自由診療の料金が改定した
・消費税率が変更になった
・予防接種の料金が改定した
など、治療・診療に関する料金が変更された時にも、
HPに掲載された料金を必ず変更しましょう。

◆◇医院の移転、リニューアル◆◇

医院様の拡張などに伴い、
移転・リニューアルが行われれる時には、HPにて
・事前の告知
・どのように医院が変わるのか
について掲載しましょう。
院内で告知するのはもちろんですが、HPに掲載することで、
しばらく通っていなかった患者様にも
お知らせすることができます。

その他、HPに掲載された情報が実際の状況から変わった場合には、
ぜひお気軽に弊社までご相談ください。

ホームページに採用情報を掲載しましょう

2015年9月2日 [コラム]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■採用を行うときには、HPに情報を掲載しましょう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

有料の求人情報サイトを使って採用活動を行う場合でも、そうでない場合も、採用情報はHPにも掲載するようにしましょう。求人情報サイトを使う場合でも、求職者はどんな医院なのかを確認するために、HPを見に来ることが多いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■採用情報はできるだけ詳細に掲載する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

初めて医院に行く患者様と同様に、求職者も自分がどのような医院で働くことになるのかなど、多くの不安を抱えています。その不安を取り除いて応募してもらうために、できる限りの情報を掲載しましょう。

◆◇募集要項◆◇

給与や労働時間の分からない状態では、応募しようという気持ちになりません。給与、出勤時間、雇用体系などは少なくとも載せるようにしましょう。

◆◇スタッフ集合写真◆◇

どのような人たちと働くのかというのは、誰もが気になる点です。医院の雰囲気が少しでも伝わるように、集合写真を掲載しましょう。

◆◇医院からのメッセージ◆◇

その医院で働くとどのように成長できるのか、医院はどのようなポリシーで運営されていて、どのような人材を求めているのかなどをメッセージとして伝えると、より具体的に自分が働く姿をイメージしてもらうことができます。
また、重要なポイントを事前に共有しておくことで、採用後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■採用情報ページを作る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

常に採用を行っている、頻繁に採用を行う可能性がある場合は、上記の内容をふまえた採用情報ページを制作することをオススメします。
採用を行っていない時には、「ただいま採用を行っていません」と表示させておけば大丈夫です。

良い人材を確保するということは、簡単ではありません。医院のHPは患者様に見てもらうことを想定して制作されているので、HPに採用情報を掲載するだけで採用が決まることは稀ですが、求人サイトやハローワークなどの求人媒体を組み合わせて活用することで相乗効果が生まれます。

HPのブログ(お知らせページ)の有効活用について

2015年6月1日 [コラム]

ブログページを作ったけど、なにも更新してない、何を書いたら良いかわからないという医院様も多いのではないでしょうか。

今回はブログページ(お知らせページ)の活用方法についてお話しさせていただきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】院内の出来事やイベントを発信する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

院内でのイベントや勉強会、スタッフのプライベートの出来事などをブログページに書いてみましょう。

 

院内の雰囲気やスタッフ様の人柄を伝えることができるので、親近感を持ってもらうことができます。

病院を探すためにHPを見ている人は、どんな人が治療してくれるのかなどの不安をかかえています。そんな時に、医院の様子が載っているブログを見てもらうことで安心感を与えることができます。

 

また、既存の患者様も意外と見てくれるもので、次回治療時にお話しするきっかけになります。患者さんとのコミュニケーションの質が高くなれば、口コミから新患の獲得にも繋がりやすくなります。

 

【院内の様子をうまく伝えているスタッフブログ】

http://www.implant-kobe.org/blog/

http://www.wakushika.jp/staff-blog/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】治療についてのコラムを書く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

治療について、患者様に知ってほしい病気の予防に関する情報や患者様からよく質問を受ける内容、症例などをコラムとして発信しましょう。

 

こういった情報を積極的に発信していくことで、患者様からの信頼感が増したり、治療を終えた患者様へ予防に関する知識を伝ることができます。

 

また、様々な症例を掲載しておいて、新しく病院を探している方に当てはまる症例があった場合、この病院に行ったら私の症状を治してくれると思ってもらうことができるので、HPを来院に結びつける力強いコンテンツとなります。

 

【治療に関するコラムや症例のブログ】

http://www.nakamura-sika.net/column/11.html

http://mine-kyousei.com/blog2/?p=368

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】スタッフみんなで情報発信をする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

院長先生だけでブログを書いたり、治療に関するコラムを書いたりするのは、とても大変なことです。

スタッフ全員でブログページの目的を共有して、みんなで楽しみながら記事を更新していくことが、ブログページを有効活用する秘訣です。

他医院のHPと差別化するための2つのポイント!

2015年5月7日 [コラム]

これまでHPで患者様の不安感を取り除いてあげることの重要性をお話してきましたが、今回は他医院のHPとの差別化についてお話させていただきます。

 

患者様の通える範囲に病院はたくさんあり、その中で患者様がHPを見比べて、選んで、医院に行くということが当たり前になってきました。

 

他医院のHPと比べて、選んでもらうためには、他の医院よりいいな!と思ってもらえれば良いわけです。圧倒的に優位に立つ必要はありません、他より少しだけいいなと思って貰えれば良いのです。

 

他医院との差別化にはいろいろな方法がありますが、今回は先生の想い、考えをHP上に載せるという点について考えてみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】院長挨拶に、先生の体験を書いて差別化する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スタッフ紹介ページは、トップページについで2番目に多く見られるページです。

これは、患者様がどういう人に治療してもらうのか不安に思っていることの裏返しです。多くの人が見るということは、差別化のチャンスでもあります。

 

院長挨拶にて、医師を志すきっかけとなった体験、この土地に開業した動機、どういう考えで日々治療にあたっているか、などを書いてください。

初めて来た患者様をイメージして、その人に自己紹介をするような気持ちで書いてみましょう。

ご自身が体験したこと、その体験からでてきた考え・想いなどは、先生だけのものなので他の医院との差別化につながります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】治療説明に、先生の考えや重要視していることをプラスする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

HPには、診療内容に関する説明が掲載されていると思います。

弊社でHPを制作させていただく場合、先生のご負担を減らすために、各治療の例文などをご用意しています。

ただ、弊社でご用意できる文章はあくまでも例文となるため、治療の一般的な説明に終始してしまいます。これではどの医院のHPにも書いてあることだけになり、差別化はできません。

 

ここで差別化するためには、先生のその治療に対する考えや、気をつけていることなどを治療説明にプラスすることをおすすめしています。

例えば、インプラントに関するページであれば、術後のメンテナンスを重要視しているので、インプラント手術の安全性や治療説明以外に、定期メンテナンスについて先生の考えや方法を丁寧に書くなどです。

 

こういった内容を治療説明にプラスするだけで、他医院と差別化できるコンテンツに仕上がります。

先生にとっては当たり前のことでも、患者様は知らないことは多いです。

また、当たり前と思われていることほど、他医院のHPでも書かれていないことが多いです。

 

上記の通り、先生の体験、考えはオリジナリティのあるコンテンツになります。

全ての人に賛同してもらうことは難しいですが、それを恐れて一般的な説明のみに終始するHPより、特定の悩みを持っている人に強く響くオリジナリティのあるHPにする方が他医院と差別化できるので、結果的に選ばれやすいHPになると考えています。

 

歯科、クリニックのHPにおける写真の使い方について

2015年4月2日 [コラム]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■HPを使って患者様の不安を取り除きましょう!その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

病院を探している患者様は、少なからず不安を抱えた状態で医院様のHPを閲覧してるということは、前回お話しさせていただきました。

例えば
・この痛みの原因はなんだろう?
・どの病院にいったら、治るだろうか?
・この病院の先生は怖くないだろうか?
・病院に行った場合、どのくらい時間がかかるだろうか?
・病院に行った場合、どんな検査をするのだろうか?
・料金はいくら位するだろうか?
などです。

上記のような患者様の様々な不安をひとつひとつ取り除いてあげることで、ハードルが下がりHPから来院に結びつきます。

今回はHPのお写真の使い方で、患者様の不安を取り除く方法をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. HPには先生やスタッフの写真を出しましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

物を買う通販とは異なり、医療行為は人が人(動物)に治療を行うため、先生やスタッフ様がサービスの要となります。
ですから、先生やスタッフ様の様子が見えないHPは、商品写真のない通販サイトと同じです。

お写真を掲載して、どういう人に治療をしてもらうのかをユーザーにイメージしてもらうことは、不安を取り除く事につながります。

お写真を載せるのは、恥ずかしいから嫌だというお話をいただきます。
そういう場合は、個々の顔がはっきりしないくらい距離の離れた集合写真でもいいですし、似顔絵などのイラストでもいいかもしれません。

とにかく私たちが親切、丁寧に治療を行いますから、安心してくださいね、と写真で伝えることが大事なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. HPには人気(ひとけ)を出しましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気(ひとけ)とは、人がいる雰囲気のことです。
上記でも伝えた通り、ユーザーに自分が医院に行ったらどうなるかをイメージしてもらうことは、不安を取り除く事につながります。

例えば、医院紹介のページで受付の写真を掲載することがよくあります。
人のいない受付だけの写真と、笑顔のスタッフ様がいる受付の写真と、
どちらが実際の医院の雰囲気に近いでしょうか?
受付に誰もいないということはないので、後者ですよね。
もっと言えば、笑顔で診察券をお渡ししてる写真を載せるとユーザーはよりイメージしやすくなるかもしれません。

医院で実際に感じるであろう雰囲気をHP上で感じてもらう=HPで人気(ひとけ)を出すということです。

弊社では、プロカメラマンの写真撮影も承っております。もちろん上記の点も考慮された綺麗なお写真を撮影させていただきます。

スマートフォン対応していないサイトは、モバイル検索での順位が下がる!?

2015年4月1日 [コラム]

今年1月にもお伝えした通り、スマートフォンの普及は大きく進んでいます。

http://www.visca-hp.jp/webblog/post/44

そんな中、Googleがスマートフォンからの検索について大きな発表をしました。
簡単に言うと、
「4/21から、ユーザーがスマートフォンで検索する際に、スマートフォンサイトの有無が検索順位に影響を与えるようになる。」
という内容です。

Google公式ブログ
http://goo.gl/rLUwZM

ポイントは、スマートフォンから検索する時に限る(PCから調べる際の検索順位には影響はない)という点です。

これまでPCで調べる際の検索順位と、スマートフォンで調べる際の検索順位は、基本的には同じでした。
(GPSをオンにしているスマホからの検索などは除く)

Googleの目的は、【ユーザーに快適なネット検索を体験してもらうこと】です。

スマートフォンからパソコンサイトを見たときに、読み込みが遅い、文字が小さい、ボタンが押しにくいということでイライラした経験はないでしょうか?

上記のような体験は、Googleの目的に反することなのです。
ですから、Googleは「スマートフォンで検索する場合には、スマートフォン対応サイト(=スマートフォンで見ても快適なサイト)の有無を順位を決める指標に用いる」と発表しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6割の人がスマートフォンで医療機関を探しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊社で管理している約1000件の医療機関のホームページのデータを調べると、およそ6割の人がスマートフォンから医療機関のホームページを閲覧しているということがわかりました。

スマートフォンサイトの有無だけで検索順位が決まるわけではありませんが、自分の医院はPCサイトだけ、近隣の医院様がスマートフォンサイトを用意している場合、6割のユーザーが近隣の医院に流れてしまう可能性があります。
これは大きな機会損失です。

逆に、周りの医院がスマートフォンサイトを持っていない場合、スマートフォンサイトを用意することで、
スマートフォンユーザーにアピールできるチャンスとなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■9800円でスマートフォンサイトを制作!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後ますますスマートフォンから検索するユーザーは増えていくことが予想されます。
スマートフォンサイトを作成するなら、今です!

日本ビスカでは制作費9800円、月額3800円でスマートフォンサイトを制作することができます。
おかげさまで多くのご注文をいただいております。
4/21までにスマートフォンサイトの制作をご希望の医院様は、お早めにお申し込みください!

カラー・デザインについては下記よりご覧いただけます。
http://visca-sp.com/color.html

歯科やクリニックのHPにおける新着情報の重要性について

2015年2月3日 [コラム]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■HPを使って患者様の不安を取り除きましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

病院を探している患者様は、少なからず不安を抱えた状態で医院様のHPを閲覧しています。
例えば
・この痛みの原因はなんだろう?
・どの病院にいったら、治るだろうか?
・この病院の先生は怖くないだろうか?
・病院に行った場合、どのくらい時間がかかるだろうか?
・病院に行った場合、どんな検査をするのだろうか?
・料金はいくら位するだろうか?
などです。

HPを使って上記のような患者様の不安を取り除くことができれば、
その患者様に来院してもらえる可能性は高くなります。

今回はHPで情報発信を行うことで、患者様の不安を取り除く方法をお話しさせて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 新着情報を使って、定期的に情報を更新する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

臨時休診や、診療時間の変更などについては、新着情報で告知をするようにしましょう。

例えば、飲食店のHPで最新の情報が2012年で止まっていたら、
このお店は既に閉店してしまったのではないかと少し不安になってしまいます。
もちろん、電話で問い合わせしてみれば済むことなのですが、
ユーザーは電話をするよりも、近隣の他のお店のHPを探しにいってしまいます。

医院様のHPでも同じです。
年末年始のお休み、GWのお休み、お盆のお休みなどについて、
定期的に情報が更新されていれば良いのですが、
2012年の年末年始のお休みから更新が止まっていたとしたら、
上記のようにユーザーは不安を感じ、他に病院のHPを探しに行ってしまう可能性があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. お知らせやブログを用いて、医院様の様子や治療について情報を発信する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お知らせページやブログページを用いて、
医院内での研修の様子や、先生の治療に対する考え方などを書くことで、
患者様に親近感を持ってもらえたり、共感を得ることができます。
その際、先生とスタッフ様の笑顔の集合写真などを掲載すると、
患者様の不安感を取り除くことができるので、よりGOODです。

2014年のスマートフォンの動向と、今後のgoogleのスマートフォンサイトの扱いについて

2015年1月6日 [コラム]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】2014年スマートフォン所有率は62%に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スマートフォンが大きく普及した2014年、
スマホアプリのテレビCMを目にする機会もとても多くなりました。

下記の記事によると、2013年のスマートフォンの所有率49.8%だったものが、2014年は62.3%となっております。
若年層への普及が目立ちますが、50歳代でも50%を超えてきました。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20141210_679650.html

弊社にご依頼いただいている医院様のHPでも、地域、科目などによって差はありますが、HPを閲覧する人の内、約50%~60%の人は、PCからではなく、スマートフォンでHPを閲覧しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】googleのスマホ用検索結果に「スマホ対応」の表記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記の通り、半分以上の人がスマートフォンを使って医院を探す時代になりました。

PCサイトをスマートフォンで閲覧することもできるのですが、
ページの文字が小さかったり、ボタンが小さかったり、またページが表示されるまでに時間がかかるなどの経験はありませんか?
これは主に、HPがスマートフォンに最適化されていないことが原因です。

googleでは2014年12月からスマートフォンでgoogle検索を利用した際、
検索結果でスマートフォン用サイトが用意されているHPに対して、「スマホ対応」と表示するようになりました。
詳しくは下記をご覧ください。

google公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/11/helping-users-find-mobile-friendly-pages.html

ユーザーから見ると、HPを開く前にそのHPがスマートフォンに対応しているかがわかるので、スマホ対応と表示されている方がHPを見てもらえる確率が上がってくると思われます。

このようにスマートフォンサイトの重要性がますます高くなってきている環境です。
スマートフォンサイトの制作をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

■新スマートフォン対応サイトのご案内

新しいスマートフォン対応サイトをご案内です。
http://www.visca-sp.com/

短納期、低価格でクオリティの高い商品となっています。
スマートフォンを使う患者さんの視点で作られた、エントリーモデルです。
スマートフォンでご確認いただければ、来院に繋がる必要な情報をシンプルにまとめていることがお分かりいただけるかと存じます。
ぜひこの機会にご検討ください。

 
 
ビスカのサービス