日本ビスカ ホームページ制作サービスの連載!ウェブ講座

ロゴ
代理店・材料店の皆様へ
お問い合わせフォーム
電話番号0880-111-7716
  • 電話
  • メニュー
連載!WEB講座 ホームページ情報ブログ

他医院のHPと差別化するための2つのポイント!

2015年5月7日 [コラム]

これまでHPで患者様の不安感を取り除いてあげることの重要性をお話してきましたが、今回は他医院のHPとの差別化についてお話させていただきます。

 

患者様の通える範囲に病院はたくさんあり、その中で患者様がHPを見比べて、選んで、医院に行くということが当たり前になってきました。

 

他医院のHPと比べて、選んでもらうためには、他の医院よりいいな!と思ってもらえれば良いわけです。圧倒的に優位に立つ必要はありません、他より少しだけいいなと思って貰えれば良いのです。

 

他医院との差別化にはいろいろな方法がありますが、今回は先生の想い、考えをHP上に載せるという点について考えてみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】院長挨拶に、先生の体験を書いて差別化する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スタッフ紹介ページは、トップページについで2番目に多く見られるページです。

これは、患者様がどういう人に治療してもらうのか不安に思っていることの裏返しです。多くの人が見るということは、差別化のチャンスでもあります。

 

院長挨拶にて、医師を志すきっかけとなった体験、この土地に開業した動機、どういう考えで日々治療にあたっているか、などを書いてください。

初めて来た患者様をイメージして、その人に自己紹介をするような気持ちで書いてみましょう。

ご自身が体験したこと、その体験からでてきた考え・想いなどは、先生だけのものなので他の医院との差別化につながります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】治療説明に、先生の考えや重要視していることをプラスする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

HPには、診療内容に関する説明が掲載されていると思います。

弊社でHPを制作させていただく場合、先生のご負担を減らすために、各治療の例文などをご用意しています。

ただ、弊社でご用意できる文章はあくまでも例文となるため、治療の一般的な説明に終始してしまいます。これではどの医院のHPにも書いてあることだけになり、差別化はできません。

 

ここで差別化するためには、先生のその治療に対する考えや、気をつけていることなどを治療説明にプラスすることをおすすめしています。

例えば、インプラントに関するページであれば、術後のメンテナンスを重要視しているので、インプラント手術の安全性や治療説明以外に、定期メンテナンスについて先生の考えや方法を丁寧に書くなどです。

 

こういった内容を治療説明にプラスするだけで、他医院と差別化できるコンテンツに仕上がります。

先生にとっては当たり前のことでも、患者様は知らないことは多いです。

また、当たり前と思われていることほど、他医院のHPでも書かれていないことが多いです。

 

上記の通り、先生の体験、考えはオリジナリティのあるコンテンツになります。

全ての人に賛同してもらうことは難しいですが、それを恐れて一般的な説明のみに終始するHPより、特定の悩みを持っている人に強く響くオリジナリティのあるHPにする方が他医院と差別化できるので、結果的に選ばれやすいHPになると考えています。

 

 
 
ビスカのサービス