歯科医院のホームページでできるE-A-Tを高める方法

「ホームページを制作したものの、検索結果の上位に表示されない」という悩みを抱えている歯科医院も少なくないでしょう。歯科医院のホームページに必要なSEO対策の1つにE-A-Tを高める方法があります。今回は、E-A-Tを高めるメリットや効果的にコンテンツに取り入れる方法を紹介します。

1.E-A-Tとは?

E-A-Tとは、ホームページの内容を評価する基準です。次の3つの頭文字から構成されています。

・専門性(Expertise)

・権威性(Authoritativeness)

・信頼性(Trustworthiness)

このE-A-TはGoogleが重視する指標の一つであり、特に、「YMYL」というGoogleが規定する、人の人生に関わるような分野(YMYL=Your Money or Your Life)においては非常に厳しい基準が設けられています。

医療業界もその1つで、検索キーワードに対して医療の誤った情報が掲載されることは、健康被害を招く恐れがあります。そのため、近年GoogleはE-A-Tがあるかを重視しているのです。 GoogleがこのE-A-Tを重視するようになってから、とくに医療系の検索結果には、個人のブログや情報サイトよりも医療機関や大学、国の省庁など信頼性が高いと判断されるホームページが上位に表示されるようになりました。

歯科医院などの医療機関であれば、個人のホームページよりも信頼性は高くなりますが、適切なE-A-T対策ができていないと、上位表示は難しいでしょう。

2.歯科医院のホームページでE-A-Tを高めるメリット

ホームページのE-A-Tを高めると、どのようなメリットがあるのか紹介します。

2-1GoogleからのSEO評価が受けやすくなる

開業されたばかりの歯科医院であればホームページの運用実績もまだまだ短いものです。ホームページの運用期間が短いとSEO評価が上がりづらい傾向にありますが、E-A-Tを高める対策をしておくと、Googleからの評価にとって有益なホームページと判断され、検索結果評価の対象になります。

2-2集患を増やせる

Googleに評価されるということは、検索結果の上位に表示されやすくなるということです。すなわち、歯科医院を探している患者さまの目にも留まりやすく、集患につながる可能性も高くなります。

2-3効率的に集患できる

検索結果の1ページ目、とりわけ5位以内に入ってくるとクリック率が高く、また集患につながる可能性も高くなるので、他の宣伝方法よりも低コストで、高い効果が得られるのが大きな魅力です。検索結果の順位が10位と1位では、クリック率に大きな差が出ます。検索結果が上がることで、より効率的に集患できるようになるでしょう。

3.E-A-Tを高める方法

実際にE-A-Tを高める方法をそれぞれ紹介します。

3-1専門性

専門性を高めるには、ホームページの執筆者(あるいは管理者)に専門知識があると示すことが効果的です。ホームページの目立つところに院長の氏名・経歴・肩書や、などのサイト制作者のプロフィールを掲載しましょう。

3-2権威性

権威性は、コンテンツの制作者が特定の分野において認められているかで判断されます。権威性があると認めてもらうには、認定医や専門医の資格を持っているかの表示(ディプロマの掲載)や、論文発表、書籍の執筆実績といった経歴はできるだけ掲載することがおすすめです。また、歯科業界の権威のある団体や組織のサイトで紹介されることや、リンクを張ってもらう方法があります。有益なコンテンツだと評価される必要があるため、地道な活動が必要になります。

3-3信頼性

信頼性は、サイトの運営者やコンテンツが信頼できるかが基準になります。対策として、根拠となるデータを掲載する方法が有効です。表やグラフ、写真などの具体的な経験やデータを取り入れつつ、サイトを作ることをおすすめします。また参考文献や論文の掲載や、より詳しい情報へのリンクを貼ることも有効です。「Googleビジネスプロフィール」に登録することも信頼性を高めるとされていますので、未登録の場合はご相談ください。

まとめ

ここ数年、歯科医院のホームページなど、医療コンテンツは内容への評価が厳しくなっています。E-A-Tを高めることは、本質的にはホームページを見る患者さまに「有益なコンテンツ」を提供していくことです。ビスカでは、E-A-Tを意識したコンテンツ作りを積極的に行っております。ぜひ、ご相談ください。

成果報酬型SEOサービス

インターネット経由の集患を増やせるかどうかはSEO対策をしっかりできているかといっても過言ではありません。

ビスカでは、成果がでなければ一切費用を頂かない「成果報酬型」SEOサービスをご提供しています。

ホームページから集患って実際どうなの?集患リアル成功事例

厚生労働省の調査では、約半数の病院がHP開設を行っていません。しかし実は、ホームページを開設することで、より増患が狙えるのです。ここでは、ホームページ開設や運営で集患に成功している医療機関の事例をご紹介します。ホームページ集患が気になる方は参考にしてみてください。

(はじめに)

厚生労働省が調査した「医療施設調査・病院報告の概要」では、ホームページの開設状況は病院53.7%、一般診療所12.9%、500床以上病院では91.0%という結果になっています。実は半数の医療機関がホームページ開設しておらず「ホームページ集患は効果が得られるの?」という疑問を持っている医療機関も多いです。

しかし、新型コロナウイルスの影響で状況は大きく変わってきており、感染症防止対策や院内感染状況の情報を積極的に提供している医療機関が増患に成功し、何もしていない医療機関は集患力が低下して悩んでいるようです。もしまだホームページを作ってない場合は、ぜひホームページ制作を検討してみてください。この記事では、ホームページ集患の成功事例をご紹介します。

事例(1):サイト分析&コンテンツ配信で集患に成功

集患目的でホームページ運用が推奨されていますが、戦略を立てずにホームページ運用しても、思った効果は得られません。ホームページ運用で集患に成功している医療機関は、まず自院やライバル医院のサイト分析を徹底的に行っています。

訪問者数や閲覧が多いコンテンツ、集患に成功しているエリアをデータで可視化することで戦略を立てることができます。某医療機関では、医師の紹介ページがよく閲覧されており、医師の写真や施術写真を増やすことで、安心と信頼を訴求して集患に成功しました。

事例(2):予約システムを導入して集患に成功

矢野経済研究所の新規開業クリニックに関する法人アンケート調査結果では、予約システムの導入率は62%となっています。診察までの時間が長いと患者さんが不満を感じやすく、待ち時間が与える影響は大きいです。このような不満を解消し、患者さんの満足度を上げるためにも予約システムを導入して、待たずに診察を受けられる医療機関として集患に成功している事例もあります。

事例(3):動画を活用して集患に成功

さまざまなデジタルチャネルが登場しています。これらのチャネルを活用して、集患に成功している医療機関が増えています。特に注目を集めているのがYouTube動画です。

患者さんは来院前に「どのような医師が診察してくれるのか?」「信頼できる医療機関なのか?」と不安を感じています。このような不安を払拭する方法として、YouTube動画が効果的です。

文字や画像でも情報提供はできますが、動画のほうが院内や先生のリアルな雰囲気が伝わりやすいことから、より身近に感じてもらいやすく、初診患者も来院しやすくなります。このようなデジタルチャネルを活用して、増患に成功している医療機関が増えています。

事例(4):患者さんが求める情報を提供して集患に成功

新型コロナウイルスで集患数が減少している医療機関が多い中、感染症対策や院内感染の有無などの情報をホームページで提供することで安心感を与え、増患に成功している医療機関も存在します。このように適切かつスピーディーな情報提供が、今後ますます集患に影響を与えるようになってくるといえるでしょう。

院内感染が心配で通院を自粛している患者さんの不安を払拭するためにも、ホームページの感染防止対策情報は、ファーストビューの目立つ位置に大きめに掲載しましょう。また、画像や動画を活用して、一目でわかるように情報掲載すると、より効果が見込めます。

まとめ

地域密着型の医療機関では、ホームページ開設していないケースも珍しくありませんが、ホームページは今や電話帳よりも便利なインフラといえます。また、ホームページで診療時間や休診日、診療内容などを掲載することで、問い合わせの電話を減らすなど受付の効率化にもつながります。つまり、ホームページを開設して運営すれば、今より手間をかけずに増患が見込めるようになるのです。

今回はホームページ開設して、集患に成功している事例をご紹介しました。予約管理システムの導入や患者さんが求める情報提供によって、増患に成功している医療機関は多いです。

ビスカではホームページの制作から運用、予約システムとの紐づけなど、幅広いサービスを行っています。他社で作られたホームページで集患効果を感じていないという方も、まずはご相談ください。

ホームページ保守・運用

ビスカのホームページ保守・運用サポートは、先生からのお悩みに最大限応え、保守料金以内で柔軟に対応しております。SEOやMEO対策に必要なGoogleマイビジネスなどの登録も行っております。まずはご相談ください。

医院でもホームページ作っただけではだめ!ライバルに差がつくホームページ運用事例

医療機関は全国で17万9,208件と年々増え続けており、ホームページをただ開設するだけでは、集患が見込めなくなってきました。ホームページを作ったら、集患のために積極的な運用をはじめましょう。ここでは、集患の成功事例を紹介した上で、ライバル医院に差がつく運用事例をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

(はじめに)

厚生労働省「医療施設動態調査(令和元年5月末概数)」によると、医療機関は全国で17万9,208件です。とくに都内に医療機関が集中しており、競争が激化しています。そのため、ホームページの制作だけではなく、運用まで行わなければ集患が見込めません。

ライバル医院に差を付けるために、どのようにホームページ運用を行えば良いのでしょうか?この記事では、ライバルに差がつくホームページ運用方法をご紹介します。

ホームページ運用(1):GoogleAnalytics分析

集患手段には種類がありますが、効果を数値で捉えられるのがホームページの魅力です。自院のホームページをGoogleAnalyticsで分析を行えば、「どのような年齢層が来院しているのか」「どの地域から集患に成功できているのか?」「来院動機は何なのか?」がわかります。

某総合病院では、GoogleAnalyticsでの分析を行った結果、医師に関する情報や治療実績の閲覧数が多かったため、それらの情報量を増やしました。その結果、「専門医が充実している病院」「信頼における病院」と安心と信頼の訴求に成功して、増患に至りました。

ビスカでは保守サービスの一環としてGoogleAnalyticsでのアクセス解析を行っております。ご希望の方はお問い合わせください。

ホームページ運用(2):コンテンツ配信

ホームページ運用では、コンテンツの配信も欠かせません。さまざまな医療機関でブログが更新されていますが、実際には配信内容に悩む医療機関も多いです。内容に悩んだ場合は、GoogleAnalyticsでの分析を行い、閲覧されている情報をさらに充実させましょう。

コンテンツの種類には「診療案内」「医師紹介」「治療実績」「スタッフ紹介」「お役立ち情報」「ブログ」があります。病気の予防方法やウイルス対策などお役立ち情報のアイデアが思い浮かばない場合は、クリニックに対する患者さんの感想も効果的です。ただし、診療や治療に関するクチコミは医療ガイドライン上NGですので、スタッフの応対やインテリアなどにとどめておきましょう。

ビスカでは成果報酬型SEOサービスでコラム執筆を行っております。詳しくはお問い合わせください。

成果報酬型SEOサービス

インターネット経由の集患を増やせるかどうかはSEO対策をしっかりできているかといっても過言ではありません。

ビスカでは、成果がでなければ一切費用を頂かない「成果報酬型」SEOサービスをご提供しています。

ホームページ運用(3):専門分野特化型サイトの制作

厚生労働省「医療施設動態調査(令和元年5月末概数)」によると、医療機関は全国で18件近くあります。総合的な医療提供では他院と差別化しにくく、集患が見込みにくいため、近頃は専門分野に特化して活路を見出す医療機関が登場しています。得意とする治療に特化してトップページで大きく打ち出したり、治療方法や設備について紹介した特集ページを作ることで、ブランディング効果が見込めて、地域住民だけではなく、遠方にお住まいの方の集患も狙えます。

ホームページ運用(4):Webサイトの訪問者を増やす

ホームページをGoogleAnalyticsで分析をして、コンテンツ充実を図ることが大切だと述べてきました。しかし、ホームページの訪問者数がそもそも少ない場合は分析が正確に行えません。このような場合は、まずサイトを見てもらう人を増やすための施策を考えましょう。施策はSEO対策やMEO対策、SNS連携などオンラインを検討する方が多いですが、地域によっては駅看板や交通広告などオフラインとうまく融合させることも大切です。

[サイト訪問者数を増やす施策]

・SEO対策 :検索結果の上位に表示するための施策

・MEO対策 :GoogleMapやローカルエリア検索で上位に表示するための施策

・SNS連携 :facebookやinstagram、LINEなどで情報を発信するなど

・外部サイト連携 :医療ポータルサイトなどに情報を掲載する

・オンライン広告 :リスティング広告やSNS広告など

・オフライン広告 :駅看板や交通広告など

・口コミ対策:来院者へオンラインでの口コミを促進する

まとめ

医療機関のホームページで集患するためには、コンテンツの配信が欠かせません。どのようなコンテンツ配信を行えば良いかは、クリニックや先生の強み、子どもが多い住宅地・ビジネス街などエリアの特徴によっても異なります。そのため、まずはホームページの現状をしっかりと分析することが大切なのです。

GoogleAnalyticsを使ってホームページを分析することで、充実すべきコンテンツが見えてきます。ビスカでは他社で制作されたホームページでも、ホームページ無料診断を行い、対策を積極的にご提案しています。ホームページ運用にお困りの医院さまはぜひお気軽にお問合せください。

ホームページ保守・運用

ビスカのホームページ保守・運用サポートは、先生からのお悩みに最大限応え、保守料金以内で柔軟に対応しております。SEOやMEO対策に必要なGoogleマイビジネスなどの登録も行っております。まずはご相談ください。