歯科医院の集患におけるMEOの重要性

「ホームページのアクセス数は多いのに、新患が増えない」という課題を抱えている歯科医院も多いのではないでしょうか。この場合はMEO対策を行い、検索結果の地図部分に上位表示されることで、集患に大きな効果を得られます。今回は、MEOが歯科医院の集患に役立つ理由や対策方法について紹介します。

1MEOとは?

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、地域性の高いキーワードで検索したときに、Googleの地図検索で上位表示されるための施策です。特定の地域で検索したユーザーがターゲットになることから、ローカルSEOとも呼ばれています。

2集患対策にMEOが重要な理由

MEO対策をすることで集患につながるため、多くの歯科医院ではMEO対策をしています。集患につながる理由を詳しく解説します。

2-1新患が増える

多くの方は、検索結果を頼りに歯科医院を選びます。そのため「地域名+歯科医院」で検索して、上位表示されている歯科医院の新患が増えるのは言うまでもありません。MEO対策が十分であれば、ホームページよりも上の地図部分に表示されるので目に留まりやすく、新規予約の増加につながるでしょう。

2-2競合対策になる

近隣に歯科医院がある場合、どちらに行くべきか悩む患者さんも多いでしょう。競合する歯科医院がMEO対策を行っていると、見込めていたはずの新患が、競合医院に流れてしまうリスクがあります。競合する歯科医院が多いのであれば、検索結果で埋もれてしまわないようにMEO対策が必須になります。

3 Google ビジネスプロフィール を活用したMEO対策

Googleの地図部分に表示される情報は、基本的にGoogle ビジネスプロフィールに掲載されている情報になります。ここでは、Google ビジネスプロフィールを使用したMEO対策を解説します。

3-1正しい情報を入力する

Name(歯科医院名)、Address(住所)、Phone(電話番号)の頭文字をとった、NAP情報を正確に入力することが重要です。誤った情報を入れると、上位表示に不利に働くため、正しく入力しましょう。

3-2コンテンツを増やす

外観や内観、スタッフの写真を登録することで、歯科医院の雰囲気が伝わり、安心して来院できるようになるでしょう。記事投稿などの地道な活動も上位表示に効果があります。投稿する際は関連するキーワードを含めるように意識してみてください。

3-3口コミを投稿してもらう

来院した患者さまに口コミを投稿してもらうことで、上位表示に一定の効果があります。口コミに返信することもプラスに働くので、忘れずに返信しましょう。しかし、短期間で大量の口コミが投稿されると、不正と判断されることがありますので、注意が必要です。

まとめ

歯科医院の集患において、まずは近くに歯科医院があるのを知ってもらうことが大切です。検索ユーザーの目的が明確なため、MEOの成功は集患に直結します。集患に課題を感じている場合は、検索ユーザーに見られる確率の高いマップ部分で上位表示できるようにMEO対策を行っていきましょう。ビスカのWEBマーケティングではMEO対策にも力を入れておりますので、お気軽にご相談ください。

成果報酬型MEOサービス

医院にとっての集患施策で今もっとも重要だといえるのがMEO対策です。ビスカでは独自アルゴリズムでのキーワード選定や専門チームによる分析と施策を行っています。

Googleマイビジネスで悪い口コミを書かれないための対応策

はじめに

たとえば歯科医院であれば、日本歯科医師会によると、全国の歯科医院(診療所)は68,940軒(2016年)。コンビニの店舗数(約5万8,000軒)を大きく上回る数の歯科医院が存在しています。

歯科医院があまりに多いため、患者さんはGoogleマイビジネスで歯科医院の口コミ・評判を調べて選んでいるのが実情です。悪い口コミ・評判が書かれてしまったら、集患力に大きな影響が出てしまいますので、 なるべく良い口コミ・評判がもらえるように対応しましょう。この記事では、Googleマイビジネスの悪い口コミが書かれないための対応をご紹介します。

1.スタッフの対応力

医院の悪い口コミにつながりやすいのは「スタッフの対応」です。たとえばですが、診察台で待たせてしまったにも関わらず、「おまたせしました」などの声かけがないと不快に感じてしまいます。その一方で、患者さんの不安を払拭するような優しい声掛けがあると顧客満足度を高められます。常に患者の立場を考えた接遇を心掛けましょう。

【悪い口コミ】

先生が遅刻してきたにも関わらず、謝罪されませんでした。診察室に入った後も30分程度放置されたので2度と行きません。

【良い口コミ】

スタッフの対応力が良いです。事前に予約をしておけば、待合室で待つ必要がありません。そのため、ストレスなく治療が受けられます。

2.医師の技術力

たとえば、新しい設備を導入したり、新しい治療法を勉強して治療の精度を高めている歯科医院は、患者さんからも喜ばれます。患者さんが痛みに不安を感じている場合は、説明をしっかりしたうえで麻酔に工夫をして痛みを抑えた施術をすると喜ばれるでしょう。その一方で、説明をしっかりしないで痛みを我慢してもらうと悪い口コミを書かれることがあるので、注意しなければいけません。

【悪い口コミ】

男の先生1人で歯を削るからだと思いますが、口の中にモノを詰め込みすぎ。説明をしないまま、勝手に歯を削られて痛かったです。

【良い口コミ】

奥歯2本をインプラントにする手術を受けることにしました。最初は不安でしたが、麻酔を丁寧にしてもらったので 、全く痛みを感じずに済みました。他の歯の色と合わせてくれて、とても技術力が高かったです。

3.施術料金

保険適用外の治療については、「自由診療」と明記のうえ、ホームページ上に料金表を掲載しておきましょう。保険適用外の治療は、施術前に料金を提示して、患者さんの同意を得ておくことが必要です。はっきりとした同意を得ずに施術をしてしまうと、クレームに発展してしまいます。

【悪い口コミ】

歯科医院の料金体系が良くわかりませんが、治療費がやけに高かったです。同じ治療だと思いますが、他院の方が安かったです。

【良い口コミ】

患者さんの立場に立って、良心的な治療をしてくれます。いくらかかるのか、あと何回通うのかという説明が事前にきちんとあるので、安心して通うことができます。

補足:虚偽広告にならないように注意!

虚偽広告はしないように気をつけましょう。たとえば、「子ども好きで小児歯科が得意」とホームページに書いてあるのに、実は子どもが苦手で、つい冷たい態度で接してしまうと、クチコミで書かれる可能性があります。また、機器の故障で一時的に行えない治療がある場合は「新着情報」などで知らせましょう。

まとめ

Googleにかぎらず、一度ネット上で公開されてしまった情報は消せないままずっと残り続けることから、「デジタルタトゥー」とも呼ばれています。口コミを参考にする患者さんは多いので、どのような対応が悪い口コミにつながるのか、配慮しながら対応するようにしましょう。また、診療時間の変更など、ホームページと実際の情報との相違もクレームになりやすいです。そのため、ホームページは定期的に更新をしましょう。ビスカでは、ホームページの情報更新にもスピーディーに対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

成果報酬型MEOサービス

医院にとっての集患施策で今もっとも重要だといえるのがMEO対策です。ビスカでは独自アルゴリズムでのキーワード選定や専門チームによる分析と施策を行っています。

Googleマイビジネスの簡単ですぐにできるMEO対策

MEOをご存じでしょうか。MEOとは、Map Engine Organizationの略であり、Google Mapなどマップアプリでの検索最適化です。最近は検索サイトではなく、マップアプリ経由の検索も増えていることから、店舗や企業はもちろん、クリニックも登録されるようになってきました。MEOでのポイントは、Googleマイビジネスの活用です。そこで今回は、医療機関向けのGoogle マイビジネスに関してご紹介します。

Google マイビジネスとは?

Google マイビジネスとは、店舗や企業の情報を登録し、その情報をマップに表示させられるツールです。クリニックもGoogleマイビジネスに登録することで、GoogleマップやGoogle検索で情報が表示され、潜在患者層にアピールできます。

Google マイビジネス登録内容

クリニックの場合、Googleマイビジネスに登録できる基本的な内容は下記の通りです。

  ―クリニック情報(院名、電話番号、住所、診療時間、科目名など)

  ―外観、待合室や診療室、検査機器などの写真

     ―提供している医療サービスの情報など

Googleマイビジネスに登録しなくてもクリニックの情報が自動的に表示されることがありますが、それはGoogleが拾い上げた情報に基づく自動生成のため、正確な情報ではないことがあります。くクリニック側でGoogleマイビジネスに登録したほうが、患者さんに正しい情報を伝えられ、スムーズな集患にもつながります。

Googleマイビジネスで可能なこと

Googleマイビジネスでは情報登録するだけでなく、その他の機能もあります。

 ―口コミの管理・返信

 ―閲覧数、アクセスエリアなどの簡易分析

 ―簡易レスポンシブサイトの作成

情報を登録するだけでなく、どのような情報を患者さんが求めているか把握でき、クチコミを通して患者さんとのリアルなコミュニケーションが取れるなど、集患をより促すことが可能です。

Google マイビジネスへ登録方法

Googleマイビジネスへの登録方法をご紹介します。Googleマイビジネスへアクセスし、Googleアカウントの情報を入力し、自院の診療体制に関する基本情報を入力します。ただし、不要な情報を載せるとポリシー違反になるため、ガイドラインの確認が必要です。

ビスカでは、医療ガイドラインに基づきGoogleマイビジネスの登録や更新を行っています。

登録する際のポイント

情報を入力する際に、MEO対策となるためのポイントをご紹介します。

カテゴリ

カテゴリは基本情報で登録されていますが、それ以外にも複数のカテゴリを設定できます。たとえば、薬局を併設している場合などは、サブカテゴリに薬局と設定することで、検索の際ヒットされる可能性が増えます。どのカテゴリーを選ぶか迷ったときは、競合医院を参考にすると良いでしょう。

 特徴・サービスのオプション

カテゴリにより表示される項目は異なりますが、クリニックの特徴やサービスを入力できます。属性情報によって検索されるため、より上位に検索結果が出るように登録しましょう。登録できる項目例としては、治療内容、費用、往診、カウンセリングなどがあります。属性などは新しい項目が定期的にアップデートされるため随時チェックしましょう。

まとめ

MEO対策のための基本がGoogleマイビジネスです。Googleマイビジネスでクリニックの基本情報を登録することはもちろん、患者さんとのコミュニケーションにも活用できます。ビスカでは成果報酬型MEOサービスをご提供していますので、お気軽にご相談ください。

成果報酬型MEOサービス

医院にとっての集患施策で今もっとも重要だといえるのがMEO対策です。ビスカでは独自アルゴリズムでのキーワード選定や専門チームによる分析と施策を行っています。